ハーブ ガーデンのシャンプーの成分

ハーブガーデンシャンプーの成分で髪に艶を取り戻せる理由

 

天然成分100%のハーブガーデンシャンプーの成分を紹介します。

 

それから洗浄成分をはじめ、主な成分の解析を行います。

 

 

それを理解するとハーブガーデンの全体像がわかるでしょう。

 

ハーブガーデンシャンプーの成分

 

成分】成分の並び順は量の多いものから並んでいます。

【ハーブ水とアミノ酸系洗浄成分】
水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNaココイルグルタミン酸ココアンホプロピオン酸Na
グリセリン、コカミドプロピルベタイン、

 

植物性成分
ココイル加水分解ダイズタンパクK、サビンヅストリホリアスツ果実エキス、ヤシ油(V.C.O)、フムスエキス(フルボ酸)、シンジオフィトンラウタネニ核油(モンゴンゴオイル),バオバブ種子油、ユチャ油(サザンカ油)、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、クエン酸、加水分解シルク、ポリクオタニウムー10、センブリエキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、シロキクラゲ多糖類、ヒアルロン酸Na、

 

(以下4つが天然の防腐成分です。サンショウ果実エキスグレープフルーツ果実エキススイカズラ花エキスプルサチラコレアナエキス

 

銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダカラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

 

この成分を並べただけではわからないので、ハーブガーデンシャンプーの主だった成分を解析していきます。

 

シャンプーの命とも言える洗浄成分=界面活性剤が一番重要になります。

 

早速洗浄成分を見ていきましょう。

 

ハーブガーデンの洗浄成分はアミノ酸系の高価なもの

 

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸
  • ココアンホプロピオン酸Na

 

ラウロイルメチルアラニンNaについて

 

低刺激で安全性の高いアミノ酸系の洗浄剤で界面活性剤です。アミノ酸系の中でも高価な洗浄成分になります。

 

泡立ちがよくて、弱酸性で適度な洗浄力があり皮脂を落としすぎないメリットがあります。

 

さっぱりとした仕上がりで髪全体がふんわりとボリュームが出ます。

 

*界面活性剤とは、混ざり合わない油と水を混ぜ合わせて汚れを落とす働きのあるもの。

 

 

ココイルグルタミン酸について

 

ヤシ油由来のアミノ酸系の洗浄剤でいわゆる界面活性剤です。

 

控えめな泡立ちと非常に低刺激で汚れも優しく落とし、頭皮の栄養分を残すように洗浄できます。

 

 

泡立ちやさっぱりとした洗い心地は少ないのですが、髪に吸着する性質があるので、しっとりとした仕上がりになります。

 

 

ココアンホプロピオン酸Naについて

 

 

天然成分を原料としたベタイン系の洗浄剤で界面活性剤です。

 

非常にマイルドな性質があります。コンディショニング効果もあります。

 

洗ったあと髪がごわつかず、しなやかは洗い上がりになります。

 

 

ハーブガーデンの7種類のハーブについて

 

ハーブガーデンのハーブ

 

ノンシリコンでもキシキシせずに指通りや血行を良くしています。

 

健康な頭皮・髪に必要なミネラルをたっぷり含んだ7種類の天然のオーガニックハーブが使われています。

 

  • よもぎ
  • よもぎは育毛効果があるとしてシャンプーや育毛剤にも成分を配合したものがあります。

  • ミント
  • ケイ酸が豊富でかゆみを抑える働きもあります。

  • ローズマリー
  • 肌が引き締まる効果がある。抗酸化作用、抗炎症作用。髪をサラサラにします。

  • すぎな
  • ケイ酸が豊富、ミネラルが豊富。

  • カモミール
  • 髪を育てる、リフレッシュ効果がある。

  • バジル
  • 髪を清潔に保つ

  • ローリエ
  • 髪を育て、フケ防止、肌を整える。

 

ハーブガーデンの防腐成分

 

防腐効果を有する成分として4種類の植物から抽出した複合成分が配合されています。

 

その4種類は下記のようです。

 

 

  • サンショウ果実エキス
  • グレープフルーツ果実エキス
  • スイカズラ花エキス、
  • プルサチラコレアナエキス

 

安全性も非常に高く保湿効果のある植物エキスとしても作用するものです。

 

ハーブガーデンのボタニカルケア