安全なシャンプー

洗髪に使うシャンプーは安全性を確認して髪の乾燥や頭皮の炎症を起こすかもしれません

ハーブガーデンは天然成分100%の安全なアミノ酸シャンプー

 

シャンプーの安全性は洗浄成分と防腐剤成分を見て判断します。


高級アルコール系や石油系合成界面活性剤は要注意です。

 

使っているシャンプーが安全かどうか判断するには、まず成分を知らないとわかりません。

 

でも実際には、その大切さがピンとこないし、シャンプー成分の名前を調べるのも面倒なのでどれでも良い、となりがちです。

 

 

確かに、シャンプーボトルに載せてある成分名は、長くて難しく20〜50の成分が配合されているので、とても見る気にならないのもわかります。

 

でも、シャンプーの影響は毎日少しずつ積み重なるのですから、チェックしてみませんか。

 

安全なシャンプーとはどういう事か

 

シャンプー選びでやってはいけない選び方

 

  • 価格で選ぶ:シャンプーの安いものはそれなりに問題を抱えています
  • 香りのいいもの:化学合成された香りです
  • 手触りが良くなるもの:髪ではなくシリコンの手触りです。

 

毎日使うものですから、頭皮や髪のことを考えて選びましょう。

 

シャンプーの大部分を占めている成分は、水と界面活性剤で、

 

どんな界面活性剤を使っているかで、シャンプーの良し悪し、安全性までもが変わるのです。

 

頭皮や髪のことを考えた理想的なシャンプーは、アミノ酸系シャンプーでしょう。

    アミノ酸シャンプー

  • 優しい洗い上がり
  • 低刺激
  • 不要な皮脂や汚れをきちんと取り去る
  • 必要な皮脂は残してくれる

 

本当に安全なシャンプーを選ぶには成分表をチェックして、

 

安全なアミノ酸系の界面活性剤が配合されているかどうかを調べましょう。

 

 

シャンプーの構成について

 

まずシャンプー成分の構成を知っておきましょう。

 

  • 洗浄成分
  • 防腐剤成分
  • 香料成分
  • 育毛成分

 

この中でシャンプーの安全性は、洗浄成分と防腐剤成分を見て判断します。

 

洗浄成分

 

頭皮の汚れを取る成分で、界面活性剤という脂を取る成分によってやさしいかどうかが決まります。

 

シャンプーに使われているのは主に6つ。天然界面活性剤以外は、すべて合成界面活性剤と呼ばれます。

 

 

@ 天然界面活性剤 :自然界に存在する界面活性剤。食物等にも含まれている成分です。

 

  • サポニン :大豆、ヘチマ
  • レシチン :卵黄
  • カゼイン :牛乳

 

A 石けん系界面活性剤 :ヤシ油など天然の油脂から作られる界面活性剤。

 

原料は天然ですが、反応させて作るので合成界面活性剤の仲間です。

 

人の肌は弱酸性の為、皮膚が弱い場合、炎症がある場合はアルカリ石鹸は控えましょう。

 

 

  • ラウリン酸Na
  • オレイン酸Na
  • ステアリン酸Na

 

B 脂肪酸エステル系界面活性剤 :脂肪酸+グリセリン、脂肪酸+ショ糖を反応させて出来る界面活性剤。

 

低刺激なのでシャンプーより化粧品などに使われる頻度が高いです。

 

  • ラウリン酸スクロース
  • ミリスチン酸スクロース

 

 

C 石油系界面活性剤 :石油から作られている界面活性剤。

 

洗濯洗剤などに使われています。サロン系のシャンプーにスルホン酸Naが使われていることもあります。

 

  • 側鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na(ABS)
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na(LAS)
  • オレフィン(C12-C14)スルホン酸Na

 

合成界面活性剤がすべて肌や髪によくないのかというと、それは間違いです。

 

肌に刺激が強いのは高級アルコール系、石油系の合成界面活性剤です。

 

D 高級アルコール系界面活性剤 :脂肪酸から作られる天然系、石油から作られる石油系の界面活性剤。

 

いずれも洗浄力、肌への刺激が非常に強い成分なので、薄毛や抜け毛の原因となる可能性もあります。

 

ラウリル酸Naは分子が小さく毛穴から浸透し、経皮毒を起こす危険もあります。

 

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸塩

 

E アミノ酸系界面活性剤 :アミノ酸由来の界面活性剤。

 

適度な洗浄力と脱脂力、低刺激なので頭皮にも安心で、髪を優しく洗い上げます。

 

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルタウリンNa
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ラウラミノプロピオン酸Na
  • ラウリミノジプロピオン酸Na
  • ラウロイルアスパラギン酸Na

 

 

 

 

 

防腐剤成分に注意しましょう

 

シャンプーが腐らないようにする成分です。

 

頭皮に悪いパラベンといった成分がありますが、最近は使われていません。

 

 

パラベン不使用のシャンプーの多くには、かわりに、BGフェノキシエタノールなど、

 

別の防腐剤が使われているだけのことが多いので要注意です。

 

 

全てが化学合成された防腐剤なので、使いすぎたり長年の間には問題がないとは言えません。

 

 

 

  • BG(ブチレングリコール) :防腐剤、保湿、成分を溶かす溶剤、香りを保持する保香剤の役割。
  •  

  • フェノキシエタノール :製品の品質を保ち、微生物の繁殖を防ぐ。

 

 

自然素材を防腐成分として使う

 

例えば、ハーブガーデンは化学合成された防腐剤は一切使っていません。

 

自然素材が防腐剤の役割を果たしています。

 

具体的には、次の4つです。

 

  • サンショウ果実エキス
  • グレープフルーツ果実エキス、
  • スイカズラ花エキス
  • プルサチラコレアナエキス

 

このように企業努力があれば、パラペンやフェノキシエタールなどの防腐剤を使わないシャンプーはできるのです。

 

>>トップページヘ